なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「煮干し中華そば おにカラセット」@来々軒の写真唐揚げ発祥の地と言われる宇佐市で、初めて唐揚げを作ったお店としてそちらの世界では超有名なお店ですが
そもそもは町の老舗中華屋さんなので、中華系の定食やラーメンも出していらっしゃいます。

さて、メニューのおにカラセットとは、ラーメンに250円プラスで付いてきます。

さて、実食。見た目は八王子ラーメンをキレイに作りましたという感じであります。
スープはあまり煮干し感はありません(汗)
九州の甘口醤油と鶏ガラがメインのあっさりスープという方が正しいような…けど美味しいです(笑)
ベースは凄く良いので、タイトルにも出した煮干し感を出してきたらかなり深みのあるスープになるんじゃないかと思いました。
麺は普通の中細麺で少し固めで茹でてありました。
特筆すべきはチャーシュー。てのひらサイズの大判なもので肉質も上々。それでいて柔らかい。ここまで食べ応えある美味しいチャーシューはこの辺にはなかなか無いでしょう。
メンマも良き。

残念なのが刻み玉ねぎ、カイワレとネギの辛い野菜3連発でした。玉ねぎは八王子のそれと比べると一欠片が2倍くらい大きくて玉ねぎの辛さが強く、そこにカイワレとネギが控えるので、少ししんどかったです。
おにぎりと唐揚げ(絶品です)を食べ、辛みでヒリヒリした舌を治めながら完食しました。

ごちそうさまでした。生意気ながら、あと一工夫ですごく美味しくなると思いました。一つ一つの要素は素晴らしい一杯なので。
この手のラーメンは九州には多くありませんので、九州の方には大変オススメしたいです。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「辛麺 5辛(中辛):800円」@辛麺屋の写真宮崎延岡が発祥の辛麺を別府で飲んだ後の〆に食べに行った。このスタイルの辛麺は過去2回程食べてい流が、当店も同じ味とスタイル。麺は中華麺、うどんが選べるが定番のこんにゃく麺で5辛で注文した。
にんにくとニラが効いた程よい辛さのスープ。溶き卵が味をマイルドにしているようで実に美味い。
5辛くらいであれば、辛いのが苦手な人でも十分この味を堪能できる。豚肉も入っていて美味しく完食した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

漂う豚骨臭に誘われ入店、12時前というのに店内はほぼ満席です。やや多めの油で覆われたスープは、思ったよりもライトですが、旨味もしっかり感じられ後を引きます。中細ストレート麺はデフォルトでも固さバッチリ。肩ロースの薄切りチャーシューは噛みしめる度に肉の旨味が感じられます。
留学生でしょうか!?スタッフは外国の方がほとんどでしたが、一生懸命働かれており愛想も良いです。日本有数の温泉地は夜も活気がありますね。ご馳走さまでした❗

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「チャンポン(700円)+大盛(150円)」@来々軒の写真本日20時20分訪問。B級グルメの宇佐唐揚げ専門店の発祥の中華料理屋さん。店舗は大きく無いですが、道沿には唐揚げのテイクアウトコーナーも併設。駐車場は店入口前は2台分、店奥の他、NTTビル前の青空駐車場にも複数有りました。先客は2名ですがいづれも、稲庭中華そばが2人に着丼したところでした。店内でも稲庭中華そばが麺類の中では推しのようでしたが、気分的にチャンポンを注文。5分程で着丼。具材はニラ、人参、もやし、玉ねぎ、キャベツ、豚肉、エビ、イカ、蒲鉾など、香ばしい炒め具合で、野菜の新鮮さが伝わり美味しいです。豚肉も柔らかく、炒め具合も香ばしくて、具材には満足しました。スープは個人的にはもっと出汁が濃いほが好みでしたが、美味しかったです。麺は大盛にした為、かなりのボリュームとなりましたが、スープと良く絡み美味しかったです。また合わせて頼んだ「鳥天」は衣がサクサクで身がフワッと非常に柔らかいもので、専用で来る、かぼす⁈のようなポン酢ダレで食べると絶品でした。唐揚げや稲庭中華そば、背脂中華そばをまた機会が有れば食してみます。御馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(600円)+やきめし(小)(350円)」@幸悦の写真5/5(日)11:00 前2後続多数 

蘊蓄には塩気を抑え、健康に配慮したとあるが、自分には丁度良い塩加減で、乳化した豚の旨味もしっかりと感じられる。ラードを使用しているようだが、こってりさは皆無。さらさらしたスープで、臭みもない。ちなみにラード抜きもできるようだ。無理なく体にすっと入ってくるスープで、毎日でも食べられそう。

黄色い細ストレート麺は、加水低めながら、かために茹でられ、良い歯ごたえ。

具は、刻み青ネギ。細もやしがたっぷり。シャキシャキ感は少し弱いが、許容範囲。

味わい強すぎず、それでも豚の旨味がよく引き出され、飽きの来ない一杯だった。後客絶えず、地元に根付いた店のようだ。ちなみに熊崎駅から徒歩20分ほど。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(500円※プレ価格(通常650円))」@啜り処 粋元の写真5/4(土)12:10 8割の入り 

プレオープンに訪問。なんでも不定期にまがり営業していた店が独立したとのこと。魚介も入っているのか、くっきりした分かりやすい旨味が動物系のコクの合間を縫って広がる。ニンニク・胡椒は控えめ。佐伯らしいさらさらしたスープで、油脂感はそこそこ。醤油だれの主張も程よくある。

定番のもっちり太麺。花輪があったので、石田製麺所のものと思われる。慣れてくるとこのうどんのような食感が心地よい。

具は、佐伯ラーメンに珍しく、海苔とほうれん草が目立っていて、配膳時、一瞬家系を思い出した。白ごま。刻み青ネギ。中薄のバラロールが2枚。味の浸み込みはほどほど、柔らかくまずまずおいしかった。

くっきりとした旨味が主張する分かりやすい味わいで、多くの人に受け入れられそうな一杯だった。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「らー麺(600円)」@お食事 三男坊 池田店の写真5/4(土)11:15 前4後1 

動物系・醤油だれいずれも強めで、表層の油もそこそこ。ボディがどっしりしたスープ。ニンニク・胡椒はどちらも控えめで、分かりやすい旨味はやや抑えられているストロングスタイル。塩分濃度は高め。

ヤマナミ製麺所のもっちりした太麺。定番の柔い歯ごたえだが、このスープにはしっくりくる。

具は、刻み青ネギ。白ごま。海苔。チャーシューは、佐伯では珍しく軽くあぶりの入ったもので、若干の香ばしさが楽しめた。

やはり佐伯ラーメンといっても、店によって個性があることを実感した。卓上にホワイトペッパーはあったが、ニンニクパウダーもあるとなお良かった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「上海ラーメン(550円)」@ラーメン上海の写真5/3(金)19:00 前3後0 

定刻に到着したところ、少し前から空いていたのか、提灯には早々に灯りがともり、店内には先客。
今回、これまでに食べた佐伯ラーメンの中では、最も醤油風味が前面にでている。醤油だれは微かな酸味を伴っている。対照的に動物系のコクはおとなしめ。表層の油はそこそこあるも、くどさはない。塩分濃度はやや高い。

麺は、太い平麺のほぼストレート。少し柔めな歯応えだが、許容範囲。

具は、たっぷりの白ごま。青ネギは大きく切られていて食感を楽しめる。海苔。中厚小ぶりのチャーシューが2切れ。脂身少ない部位で、歯ごたえそこそこあり、まずまずおいしかった。

佐伯市で営業していた老舗・上海の味を引き継いでいるそうだが、ニンニクも胡椒もほとんど感じず、それらに頼らない、醤油風味が前に出た、佐伯ラーメンの中でも独特な一杯だった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「にぼし塩らーめん(700円)」@函館ラーメン 藍の写真5/3(金)13:10 前3後4 

煮干しとのことだが、東京圏で食べる煮干しを想像してはいけない。あくまで豚骨文化の中での煮干しで、魚介出汁の中に煮干しがふんわり漂う利かせ方。旨味の出方はじんわりと響く感じで、これも豚骨ラーメンに対するカウンターなのか、塩気は抑えられ、ほの甘さが余韻を残す穏やかなスープ。油脂感低く、後口は良い。

黄色い中細の縮れ麺は、ちゅるっとした啜りやすさと、気持ち柔めで強すぎない歯ごたえがあるもの。

具は、今回大分で食べた中ではあまり見かけなかったメンマ。味付けしっかりしていて、つまみとしても使えそう。ワカメ。函館の塩ベースのラーメンにはピッタリな具。海苔。薄く、脂身の少ないチャーシューが1枚。歯ごたえ少し残し、肉らしい旨味が感じられまずまずおいしかった。

非豚骨系な気分で、じんわりと響く魚介の旨味が恋しくなった時に良さげな一杯だった。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン(630円)」@ニュー宝来の写真5/3(金)11:00 前1後2 

微かに赤みが買ったスープからは、濃さは低めだが、特に物足らなさもない動物系のコクが感じられる。豚・鶏から取っているようだ。醤油ダレの主張は、豚骨スープにしてはやや強めで、豚骨醤油と言いたくなるような構成。臭みもこってりさもなく、さらさらしていて、老舗らしい大分の豚骨ラーメンといった趣で、どこかほっとする味わい。

極細ストレート麺は、細さの割に弾力があり、博多系とは異なるしなやかな腰が好印象。

具は、刻み青ネギ。海苔。白ごま。薄いバラロールが2枚。柔らかすぎず割合歯ごたえのあるもの。麺を巻いて食べるのに丁度良い。

昨今の豚骨ラーメンとは全然異なるタイプだが、物足らなさは感じない一杯だった。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件